月別アーカイブ: 2017年2月

◆2/15 質問状に対する関電の回答

◆2/15,3名で関電からの説明を聞きました。関電側…3名。

① 福島原発事故は収束していると貴社は判断しておられますか。また,事故の実態は十分に解明されていると思われますか。

→当社は回答する立場ではないが,いろいろな課題が残っていると認識している。

② 東京電力の被災者への対応は,誠実さが十分だと思っておられますか。

→評価すべき立場ではないが,当然,すべての被害者に迅速,適切に賠償するという政府方針に則って行われていると思う。

③ 原発は高度な科学技術で素晴らしい水準にあるとも聞きますが,最近の40年間の進歩はどの程度なのでしょうか。40年前の技術は現在も完全であり,心配ないのでしょうか。また,40年の老朽化はどの程度と思われますか。

→40年前の技術そのものではない。中身を取り替えている。最新の規制基準にしたがってバックフィットもしている。メンテナンスをしているので,性能を維持している。テストピースも,過酷な状況で計測している。

④ 電力供給の公益性から,その安定性は必須です。しかし,原発は事故や裁判などのリスクによって,不安定さがあるように思われますが,貴社ではどのように考えておられるのでしょうか。

→特定の電源に依存することなく,さまざまなオプションをもつというのが,当社の考え。原子力,一つのオプション。当社の原発は福島事故以後動いていないが,そもそも福島のような事故をおこさないようにするのが前提。事故は起こらないという立場ではない。起こることを考えて,ポートフォリオをもっていく。総合的に投資するが,見合わなければ止める。再生可能エネルギーへの投資は,グループ会社を通じて積極的に行っている。発電量において,目標を立てて見直している。投資に対する収益性を,事業として考えている。

⑤ 原発は,運転しても廃炉にしても毒性の強い放射性廃棄物を生み出します。こうした放射性廃棄物は,未来世代への負の遺産と言われます。この倫理性については,どうお考えでしょうか。

→将来に管理の負担を負わせないために,地層処分をしていく取り組みを進めたい。何万年も管理するのは現実的ではない。人間が管理する必要がないようにするのが,地層処分。いろいろなご意見があるのは承知している。いろいろな声を聞いている状況です。

⑥ 福島原発事故によって,廃炉,除染,賠償などの巨額の支出が予想されており,電気料金(託送料への上乗せ)で回収することが検討されているようですが,貴社の電気料金はどのようになるのでしょうか。原発によらない新電力会社の料金に託送料として転嫁するのは理不尽だと思いますが,どのように考えられているのでしょうか。

→国の委員会で議論中なので,今,どうこういうわけではない。福島の廃炉,除染,賠償などの費用を託送料に乗せるものではない。

(この回答は,録音不可という条件でしたので,席上でとったメモをもとにしたものです。文責:吉田明生)

広告

◆1/25に提出した質問状

2017年1月25日
関西電力株式会社
岩根茂樹 社長 殿
電力自由化 だから脱原発の声をあげよう!・京都
呼びかけ人 一同

電力の安定供給のため,日々,ご尽力のことと存じます。しかし,私たちは,貴社が原発の再稼働に前のめり姿勢をとっておられることに憂慮の念を深めております。福島原発事故がもたらした深刻甚大な被害から何を学ばれたのか,と思うからです。貴社に原発再稼働を中止していただきたいと,強く願っています。

福島の被災者は,「自分たちの利用する電力ではなく,関東圏の人たちへの電力生産のための発電所の事故で大迷惑のとばっちりを受けた」と言います。電力購入の自由のなかったときは「仕方がない」との申し訳は立ちますが,自由化された現在,その言い訳は通用しなくなったのです。「原発で作った電気は買わない」との思いは,理解いただきたいと思います。すでに貴社との契約を解除した者も少なくありませんが,多年の貴社との関係に配慮して,原発が再稼働されない限りは契約を継続したいという者も多いのです。

原発を再稼働されることのないよう,強く希望し,貴社の見解と立場をお尋ねしたいと存じます。簡潔に文書にて回答していただければ幸いです。

① 福島原発事故は収束していると貴社は判断しておられますか。また,事故の実態は十分に解明されていると思われますか。
② 東京電力の被災者への対応は,誠実さが十分だと思っておられますか。
③ 原発は高度な科学技術で素晴らしい水準にあるとも聞きますが,最近の40年間の進歩はどの程度なのでしょうか。40年前の技術は現在も完全であり,心配ないのでしょうか。また,40年の老朽化はどの程度と思われますか。
④ 電力供給の公益性から,その安定性は必須です。しかし,原発は事故や裁判などのリスクによって,不安定さがあるように思われますが,貴社ではどのように考えておられるのでしょうか。
⑤ 原発は,運転しても廃炉にしても毒性の強い放射性廃棄物を生み出します。こうした放射性廃棄物は,未来世代への負の遺産と言われます。この倫理性については,どのようにお考えでしょうか。
⑥ 福島原発事故によって,廃炉,除染,賠償などの巨額の支出が予想されており,電気料金(託送料への上乗せ)で回収することが検討されているようですが,貴社の電気料金はどのようになるのでしょうか。原発によらない新電力会社の料金に託送料として転嫁するのは理不尽だと思いますが,どのように考えられているのでしょうか。

上記の件,私たちの今後の判断に参考とさせていただきたく,ご回答いただきますようお願い申し上げます。
以 上

◆1/25に署名を提出

◆昨年から関西電力宛の「電力自由化署名」を集めてきました。署名用紙は,“もう関電は止めたよ”という人は左側に,“今は関電だが,原発再稼働するなら関電止めるよ”という人は右側に署名する形になっています。

◆最初は「使い捨て時代を考える会」が署名集めをして,昨年10/4に関電に提出。左側(もう関電は止めた)が142筆,右側(再稼働するなら関電を止める)が257筆で,合計399筆。なお,関電に提出したのは氏名と市町村名のみの一覧表です。その後「電力自由化 だから脱原発の声をあげよう!・京都」を結成して集めた署名が,左側116筆,右側123筆で,合計239筆になりましたので,1/25に関電に提出することに。

◆経営政策にわたる内容もお話ししたいので,関電本店でしかるべき人に会いたいと,本店秘書室に連絡しましたが,関電はあくまで京都支社で対応したいという姿勢。やりとりの末,結局,本店で対応してもらえることになったので,呼びかけ人の槌田劭と,吉田明生の2名が,午後2時の約束の時間に大阪着。

◆40階建ての本店ビルの2階が,関電の受付。そこで,秘書室のUさんに約束をとっているので,と取次を依頼。待たされているところに,後方からあたふた走ってきたのが,京都支店コミュニケーション統括グループのYさん。京都支店の方です。「遅れてすみません。こちらにどうぞ」と言って誘導されたのが,受付より外側の,一般の人が利用できる公開フロアの一角。受付の横にはちゃんと関電の入口があり,そこにはガードマンがいる。そこは通らない。えっ,われわれはこちら?? こちらは関電本店内ではなくて,関電の外側じゃありませんか。すぐそこに化粧室もあるし。えっ,しかも,対応するのは京都支店のYさんだけ?! 仕方がない,話を始めました。「関電ガスの関係の人もいるので,あまり大きな声を出さないように」などと言われながら……。そのあたりに関電ガスの宣伝のぼりが何本も立っていました。

◆ということで,玄関先で中にも入れてもらえない門前払いの形になり,鼻であしらわれている印象はぬぐえませんでした。経営にかかわる問題点を六つあげて指摘した件(下記)も,預からせていただくの一点ばり。京都支店のYさんは「私が当社の代表として対応している」と言うが,本店の応接室とか会議室を使う権限はなく,署名した市民を低く見くだしているのは,あまりに明らか。一杯のお茶もコーヒーもでてこなかったことからすると,大阪市内の喫茶店で申し入れをしたよりも低レベルの扱いでした。それでも,239筆の関電社長宛署名は提出してきました。

◆署名のお願い

◆電力自由化が始まりました。私たちの脱原発の気持ちを関西電力に強く伝える機会としてもひじょうに大きなチャンスです。そのチャンスをどのように利用するかについては,大きく二つの道があります。

◆直ちに関電の電力をやめる道と,原発推進の姿勢を改めるよう求める道との二つです。いずれかに賛成いただける方は,署名用紙の左右のいずれかに署名してください。その意見を関西電力に伝えていきたいと思います。よろしくお願いします。

◆なお,この署名は,関西電力の電気を使っている方,または最近まで使っていた方なら,どなたでも署名できます。関電の電力購入をやめる,または既にやめたことを宣言する署名です。普通の署名とちがい,契約を解除する,または解除したことを明らかにするもので,家庭電力契約者(あるいは代理の方)の署名となります。

署名には…紙の署名用紙のほかに,オンラインでできる電子署名もあります。

  1. 紙の署名用紙…下記リンクより用紙をダウンロードしていただき,ご自分または各団体でそれぞれ印刷していただけると助かります。1000枚をこえるような大量の印刷の場合は,ご相談ください。
    こちらのページからどうぞ。
  2. オンラインでできる電子署名…下記リンクをご覧いただき,そこに直接チェックして,オンラインで当方に送っていただくこともできます。この場合,紙の署名用紙をお送りいただく必要はありません。「Googleフォーム」を利用しています。
    こちらの署名フォームからどうぞ。

◆2月6日に行った関電との話し合いの記録

関電側;広報担当者ほか2名。
使い捨て時代を考える会;4名。

今回は以下の質問書を提出し、話し合いました。
質問書
……………………………………………………………………………

  1. 1月20日に高浜原発1、2号機再稼働準備のための工事中に、15mほどの強風によって大型クレーンが倒壊し、2号機の原子炉補助建屋と、核燃料プールのある燃料取扱建屋の屋根を変形させるという大変危険な事故が起きたと報道されています。この程度の強風でこれほどの事故が起きるなど、工事の安全対策に大きな疑問を感じています。
    • ①この事故について詳しくご説明ください。
    • ②核燃料保管庫が大きな損傷を受けた場合、どのような事故に発展しうる危険性があるのか、お聞かせください。
    • ③このような事故が起きることが予測できなかったのでしょうか? 工事の安全対策についてお聞かせください。
  2. 緊急時対策所および耐震棟について質問します。
    • ①前回高浜1・2号の間に緊急時対策所が設置してあり、別途耐震棟をつくると聞きしましたが、それぞれどういう機能のものですか。
    • ②緊急時対策所には職員が寝泊まりすると聞きしましたが、職員の安全は確保できるのですか。
    • ③耐震棟は準備工事に入ったそうですが、いつまでにできるのですか。またベント付フィルター装置についても準備に入ったと聞きしましたが、いつまでにできるのですか。
    • ④全体で7300億円という工事費用は高浜原発全体の安全対策費用ですか。
  3. 使用済み核燃料の処理・処分についての今後の見通しをどのように判断しておられますか。
  4. 電力自由化によってこれまで他社に切り替えた消費者はどのぐらいの割合ですか。原発に依存しない電力会社を選んだ消費者が少なくないと聞きますが、そのことについてどのように考えられますか。
  5. 原発は本当に安いのですか。コスト計算の根拠を具体的に教えてください。原発は重大事故が起きれば甚大な被害が生じます。福島原発事故では被害総額は11兆円を超えたと言われています。たとえ重大事故が起らないとしても、発生する核廃棄物の後処理に莫大な費用が要します。何を指して「原発は安価」とされているのですか。
  6. 原発事故処理費用のうち、賠償分について、「本来過去に積み立てておくべきであった費用」を、原発の電気を拒否する新電力も含めて、託送料金に上乗せして、2020年から40年間徴収する方向が出されていますが、福島原発事故の教訓があるというのに、さらに原発の再稼動を行って、それらが事故を起こした場合の賠償費用を新電力からもとろうというのは納得できません。貴社のお考えをお聞かせください。

以上
……………………………………………………………………………
話し合いの内容(Q;こちら側の発言  A;関電の発言)
Q 質問1(クレーン事故)について聞きたい。
A 最終調査結果が出ていないのでしばしお待ちください。

Q 現時点で分かっていることを聞きたい。
A 高浜1、2号機の格納容器にトップドームという屋根を追加でかけることになった。40年超えなので工事をする。クレーン4台中の1台が倒れた。クレーンは第1段階、第2段階となっていて100メートルぐらいのところにトップがある。クレーンの全長は120mほど。おそらく風の影響で先端が燃料プールのある燃料取扱建屋に倒れたと思うが、原因は調査中。建屋の屋上の手すり壁(こしかべ)が破損した。建屋本体を点検したが、有意な損傷はなかった。

Q 瞬間風速も調査中か。
A クレーンのところの風速はわかっていない。

Q 雪が降って作業が中断したが、大丈夫か。
A 慌ててやることではないので…。

Q 倒れたのは想定外だったのではないか。
A(工事を請け負っていたのは)クレーン専門の会社だが、瞬間風速42m/秒でいけるとなっていた。

Q 怖い話だ。
A そこも調査中だ。

Q 当日は15m/秒だったと聞いているが、風速はわからないということか。
Q 想定外とすると、福島事故もそうだった。この程度で事故が起きるとは。大丈夫はずだと見積もっていたのに、クレーンが倒れるという大事故が起きてしまったということだ。関電が大丈夫だ、事故は起きないと言っても、信用できないというということになる。
A 調査中だ。42m/秒と評価していたが、風速がそれ以上だったのかどうかも含めて調査中だ。風速は地形の影響などもある。

Q 手すり壁の損傷で良かった。天井が壊れたかもしれないのだ。
A 壊れるか否かも調査中。

Q 建屋にどれだけ燃料があったのか。
A 259体あった。使用後のものと使用前のものがある。
A 今回は放射能の飛散はなかった。一番大切なのは燃料プールの水が保たれていることだ。水を確保するのが大事だ。

Q 背筋が寒くなる事故だった。核燃料のことを考えると大変なことが起きたのだ。
A 相当の耐震設計でできているし、たくさん何重もの給水システムも持っている。

Q 高浜1,2号機は保管庫での燃料棒のリラッキングをしているのか。つまり燃料プールの空きが少ないので、本来の隙間をさらに詰め込んで保管しているのか? 上からの衝撃があった時どうなるのか。
A この建屋はリラッキングの対象かどうかは記憶していない。影響を最小化するために放水して、空中に(放射能が)巻き上がらないようにする機能を備えている。

Q 放射能が出たら放水車のようなもので放水して放射能を落とすというやつのことか。あれで本当に効果があるのか?
A 効果があるということになっているので…。効果があるから設置しているのだろう。

Q 燃料は何本の燃料棒で1体になっているのか。組成は。
A 新品はほぼウランだが、使用済み燃料はプルトニウムが1%、ほかに悪さをするものが3%だ。

Q それぞれ何体あるのか。
A 使用済み215体、未使用44体。未使用には1回使ったもの、2回使ったもの、3回使ったものが混ざっている。

Q 完全に使ったものはプルトニウムが多くなると聞いている。(保管されている燃料は)プルサーマルのMOX燃料どころではないと、福島の環境創造センターの職員がいっていたが本当か?
A ウランが95%残る。残り5%がそのほかのものだ。

Q リラッキングされていると聞いているが、上からの衝撃は大丈夫なのか。
A全部が全部リラッキングされているわけではない。

Q 上からの衝撃で核燃料が詰まってしまうことないのか。詰まった場合に、臨界が起きるということはないとは思うが、どんな事故が起りうるのか。詰まってしまったらどうなるのか。
A 当然天井が抜けないようにすること、水を確保することは対策しているが、落下物については今は答えられない。すみません。起りうることとして水を確保することはきっちりやっている。

Q 崩壊熱で水と反応することもありうる。福島原発事故の例を考えると、燃料プールは直接外界と接しており、そういう意味では格納されている、熔融した炉よりも心配だ。
A 今回の事では心配をかけたことをお詫びする。

Q 孫が4人いるが心配だ。ニュースが流れたのが翌日だった。風向き考えたら京都に放射能が届いている。逃げられない。
Q ニュースに流すのが常に遅れるので信用できない。
A 大規模に拡散しないようにしている。

Q 当たり前だ。
Q あのような事故が起きるとは通常考えられない。普通、原発でなくても、工事現場でクレーンが倒れるなどあってはならない事故だ。街中でクレーンが倒れたら、大変な被害が出ることは明らかだ。それが、厳重な安全管理が必要なはずの原発の工事であのような事故を起こすとは、あまりにも安全対策が不備だということではないか。
A 申し訳ない。

Q このような事故が起きるわけがないと思っているところに起きた。原発が動いていなくても大事故が起きる可能性がある。ささいな事故でも怖い。風速15m/秒で起きるなんて話にならない。風力についてどこまでシュミレーションしているのか。
A 42m/秒ということで…。

Q100m上空の風速を想定していないのでは。事故から20日も経っているのにまだ調査ができていないのか。
A 報告書を出すのに時間がかかっている。規制庁などを意識して作るので。

Q 関電の状況把握に緊張が感じられない。社を代表して言っていると思うが。
A さまざまなところの確認をとったら報告を出す。

Q 事故報告について書面で回答してもらいたい。
A 文書としては出せないので、プレスリリースを見てもらいたい。

Q 100メートルのクレーンが倒れる事故が起きた。安全対策をしているということが信じられない。
Q たくさんの安全対策が必要な施設はやめてもらいたい。
A 今回の事故は申し開きできない。

Q 菅元首相は福島の時、避難で困っていた。的確な情報が伝わらないと避難もできない。
A(同席した社員が)もう時間なので。

100mのクレーン倒壊というありえない事故をめぐって、関電を追及した。さすがに言い訳はできないようだが、単純な事故なのに未だに調査報告ができていないことに不信感が募る。