カテゴリー別アーカイブ: 署名

◆原発の電気を買うことで関電の原発を「応援」するのはもうやめよう!

槌田 劭【人民新聞 2017年4月25日】

原発時代の終末は近い。原発ムラの金庫が心細くなってきたからである。「金だけ,今だけ,自分だけ」の原理で動く世を,私は《金主主義社会》と呼んでいる。主権は在民せず,お金の力に奪われているからである。原発ムラが原発をあきらめざるを得なくなるのは,金銭経済的に立ち往生するときであり,消費者主権が回復するときである。

●原発産業の破綻

東芝の苦境が象徴的である。その流れを世論の力によって決定づけるのが,消費者電力の自由化であろう。昨年4月以来,1年間で60万件以上の小口電力契約が関電から新電力会社に移っている。契約が5%も減少することは,関電にとってきびしいことだろうし,それでなくても,節電と景気動向を反映して,福島事故前と比べて,5年間で15%も販売電力量を減らしているのである。

関電の狼狽ぶりは,ガス自由化に伴う事業参入の過剰宣伝,大阪ガスへの脅しとも見える過剰反応からもうかがえる。原発事業が重圧となって価格競争に後退する現実はきびしいが,目先の金勘定では原発再稼働の幻想にすがるほかないのだろう。

関電も企業生き残りをかけて真剣なのであろうが,その経営体質は「親方日の丸」であり,原発依存は硬直化してしまっている。多年にわたる政府認定の総括原価方式に毒され,経営の苦労もなく儲かるシステムで,経営能力も衰弱しきってしまっている。

経費の3%を自動的に利益と認められるシステムで,原発ムラの育成裏金となる経費水ぶくれ利益を許していた。官界だけでなく,マスコミや学界への工作資金は,原発の「安金神話」をでっちあげ,福島事故を呼んだのである。

電力自由化によって電力事情には激震が起こっているが,関電は原発再稼働以外の知恵はないようだ。原発安価神話の幻想はすでに破綻しているのに,当面の金勘定から限界費用の小さい原発の再稼働に執念を燃やすのは,新電力との価格競争に対抗できないからである。

原発再稼働への準備を急ぐ中で,過労自殺や高浜原発でのクレーン倒壊などの事故が発生している。無理に無理を重ねた上での再稼働が重大事故を呼ぶのが分かったが,その危険にも目をつぶる関電の経営姿勢には,末期症状の危険が露出する。

●世論の圧力で流れは変わる

危険な現実は強まっているが,原発のコスト高が顕在化してきたからである。それも脱原発世論の圧力故である。京都でも,脱原発の市民的運動は持続的に継続している。私が参加する「使い捨て時代を考える会」の毎月11日の定例行動では,地震発生の午後2時46分から1時間,関電京都支店前(京都駅前)に10~20名が集まって,チラシ配りや署名活動を行っている。福島事故を忘れないためでもある。2011年4月からだから,6年を過ぎた。

また,毎週金曜日午後5時から7時まで,京都支店前に100人前後の人びとが集い,脱原発の声をあげつづけている。それも2012年5月からだから,5年になる。私は職員出入口で,退社する職員を観察することにしている。社員の中に脱原発の声へのいらだちの目立つのは変わりがないが,共感も生じはじめている。今年に入って,か細い声で「ごくろうさん」「お疲れさま」と出ていく職員が3月に1人,4月に2人あらわれた。社内にも原発グループの横暴に批判的な声が出はじめているとも閃聞(そくぶん)している。

関電は福島事故後,毎年2000億円を前後する赤字へと転落した。しかし,昨年と今年の決算は黒字に回復している。石油燃料代が大きく低迷したおかげである。原子力部門が足引っ張りをしているにもかかわらず,火力が頑張っているのである。冷遇される水力や火力事業部の職員の中に,原子力事業部への不満が高まっても不思議でない。

原発の電気は割高なのである。その上,危険であって,事故発生時の対応は想像を絶する出費となる。長期的視点では良い点がない。原発を固守する無能経営で,自由化価格競争は蟻地獄となっている。

「原発の電気はいらない。買いたくない」との市民世論は,関電の原発断念へ作用するだろう。

昨年夏より,ささやかな暑名活動を京都ではじめていたが,この5月から全関西に拡大したいと思っている。福島事故を忘れたかのような再稼働の策謀をやめさせるために。原発の電気を買うことで,関電の原発を「応援」するのをやめたい。

それが福島を忘れず,今も苦悩する方々に心を寄せることでもある。

槌田劭(「便い捨て時代を考える会」相談役)のプロフィールは,「使い捨て時代を考える会」のWebでご覧いただけます。
こちら

前のページに戻る

◆電力選択,消費者の責任

槌田 劭【京都新聞2017年3月24日 随想やましろ】

福島原発事故から6年,被災の現実は今も厳しい。約10万人の被災者は住居も職も奪われ,避難生活を強いられている。南山城にも数百人の避難者がいるといわれる。行政の支援も縮小の傾向にある。正規の業務でないからなのだろうが,冷たさを感じる。

冷たいといえば,国である。事故の責任に謝罪どころか,補償についても冷淡である。事故の実態は今も不明であり,放射能汚染水対策もお手上げである。しかし,「事故炉はアンダーコントロール」と安倍首相はオリシピック誘致で世界に虚偽を語った。

賠償補償を免れるためなのか,避難区域を縮小して帰還を強制している。一般人の被ばく我慢限度年間1ミリシーベルトの法的規制を,20ミリシーベルトに緩和した。冷たく,違法な理不尽である。

いま,司法リスクといわれる問題に原発推進の業界は頭を痛めている。大津地裁の仮処分で関西電力の原発再稼働はストップ。先週の前橋地裁の損害賠償請求訴訟の判決である。巨大津波を予見しながら,安全神話に酔った東京電力と規制不作為の国を裁いたものである。

金だけ今だけ自分だけ,の世である。大電力会社と経済産業省の癒着によって,日本の電気料金は不当に高い。その上,被災賠償,廃炉や使用済み核燃料の後始末の費用なども青天井である。

昨年4月から1年。消費者電力の自由化によって,関電の経営は厳しい。高い電気料金に消費者が離れ,すでに60万軒が新電力会社に移ったが,関電には原発再稼働以外に知恵はないようだ。

東電の電気を使っていなかった福島の方々が厳しい被災に今も苦しんでいる。電力購入の選択が自由化された今,なお原発の電気を買い続けるのか。都市消費者はその責任を問われている。原発の世は冷たいものなのか。

槌田劭(「便い捨て時代を考える会」相談役)のプロフィールは,「使い捨て時代を考える会」のWebでご覧いただけます。
こちら

前のページに戻る

◆Change.org についての参考説明

Change.orgについて……最終的に署名を提出する際に、各キャンペーン発起
人は、自筆の署名と同様、署名名簿をダウンロード・印刷することができ
ます。この際、署名した人のメールアドレスは公開されません。

Change.orgで署名をする場合、署名の公開を指定するチェック欄があります
ので、そこで公開の可否を設定してください。非公開の場合、数はカウン
トされますが、署名は公開されないことになります。

Change.orgで署名した場合、署名者のアカウントは自動的に作成されます
(Facebookとの共用可)。署名した後にはChange.orgからのあれこれのメ
ールを受信したくない場合、右上の「アカウント設定」で設定することが
できます。その他のいろいろな設定もできますので、ご覧いただくと良い
と思います。

◆2/15 質問状に対する関電の回答

◆2/15,3名で関電からの説明を聞きました。関電側…3名。

① 福島原発事故は収束していると貴社は判断しておられますか。また,事故の実態は十分に解明されていると思われますか。

→当社は回答する立場ではないが,いろいろな課題が残っていると認識している。

② 東京電力の被災者への対応は,誠実さが十分だと思っておられますか。

→評価すべき立場ではないが,当然,すべての被害者に迅速,適切に賠償するという政府方針に則って行われていると思う。

③ 原発は高度な科学技術で素晴らしい水準にあるとも聞きますが,最近の40年間の進歩はどの程度なのでしょうか。40年前の技術は現在も完全であり,心配ないのでしょうか。また,40年の老朽化はどの程度と思われますか。

→40年前の技術そのものではない。中身を取り替えている。最新の規制基準にしたがってバックフィットもしている。メンテナンスをしているので,性能を維持している。テストピースも,過酷な状況で計測している。

④ 電力供給の公益性から,その安定性は必須です。しかし,原発は事故や裁判などのリスクによって,不安定さがあるように思われますが,貴社ではどのように考えておられるのでしょうか。

→特定の電源に依存することなく,さまざまなオプションをもつというのが,当社の考え。原子力,一つのオプション。当社の原発は福島事故以後動いていないが,そもそも福島のような事故をおこさないようにするのが前提。事故は起こらないという立場ではない。起こることを考えて,ポートフォリオをもっていく。総合的に投資するが,見合わなければ止める。再生可能エネルギーへの投資は,グループ会社を通じて積極的に行っている。発電量において,目標を立てて見直している。投資に対する収益性を,事業として考えている。

⑤ 原発は,運転しても廃炉にしても毒性の強い放射性廃棄物を生み出します。こうした放射性廃棄物は,未来世代への負の遺産と言われます。この倫理性については,どうお考えでしょうか。

→将来に管理の負担を負わせないために,地層処分をしていく取り組みを進めたい。何万年も管理するのは現実的ではない。人間が管理する必要がないようにするのが,地層処分。いろいろなご意見があるのは承知している。いろいろな声を聞いている状況です。

⑥ 福島原発事故によって,廃炉,除染,賠償などの巨額の支出が予想されており,電気料金(託送料への上乗せ)で回収することが検討されているようですが,貴社の電気料金はどのようになるのでしょうか。原発によらない新電力会社の料金に託送料として転嫁するのは理不尽だと思いますが,どのように考えられているのでしょうか。

→国の委員会で議論中なので,今,どうこういうわけではない。福島の廃炉,除染,賠償などの費用を託送料に乗せるものではない。

(この回答は,録音不可という条件でしたので,席上でとったメモをもとにしたものです。文責:吉田明生)

◆1/25に提出した質問状

2017年1月25日
関西電力株式会社
岩根茂樹 社長 殿
電力自由化 だから脱原発の声をあげよう!・京都
呼びかけ人 一同

電力の安定供給のため,日々,ご尽力のことと存じます。しかし,私たちは,貴社が原発の再稼働に前のめり姿勢をとっておられることに憂慮の念を深めております。福島原発事故がもたらした深刻甚大な被害から何を学ばれたのか,と思うからです。貴社に原発再稼働を中止していただきたいと,強く願っています。

福島の被災者は,「自分たちの利用する電力ではなく,関東圏の人たちへの電力生産のための発電所の事故で大迷惑のとばっちりを受けた」と言います。電力購入の自由のなかったときは「仕方がない」との申し訳は立ちますが,自由化された現在,その言い訳は通用しなくなったのです。「原発で作った電気は買わない」との思いは,理解いただきたいと思います。すでに貴社との契約を解除した者も少なくありませんが,多年の貴社との関係に配慮して,原発が再稼働されない限りは契約を継続したいという者も多いのです。

原発を再稼働されることのないよう,強く希望し,貴社の見解と立場をお尋ねしたいと存じます。簡潔に文書にて回答していただければ幸いです。

① 福島原発事故は収束していると貴社は判断しておられますか。また,事故の実態は十分に解明されていると思われますか。
② 東京電力の被災者への対応は,誠実さが十分だと思っておられますか。
③ 原発は高度な科学技術で素晴らしい水準にあるとも聞きますが,最近の40年間の進歩はどの程度なのでしょうか。40年前の技術は現在も完全であり,心配ないのでしょうか。また,40年の老朽化はどの程度と思われますか。
④ 電力供給の公益性から,その安定性は必須です。しかし,原発は事故や裁判などのリスクによって,不安定さがあるように思われますが,貴社ではどのように考えておられるのでしょうか。
⑤ 原発は,運転しても廃炉にしても毒性の強い放射性廃棄物を生み出します。こうした放射性廃棄物は,未来世代への負の遺産と言われます。この倫理性については,どのようにお考えでしょうか。
⑥ 福島原発事故によって,廃炉,除染,賠償などの巨額の支出が予想されており,電気料金(託送料への上乗せ)で回収することが検討されているようですが,貴社の電気料金はどのようになるのでしょうか。原発によらない新電力会社の料金に託送料として転嫁するのは理不尽だと思いますが,どのように考えられているのでしょうか。

上記の件,私たちの今後の判断に参考とさせていただきたく,ご回答いただきますようお願い申し上げます。
以 上

◆1/25に署名を提出

◆昨年から関西電力宛の「電力自由化署名」を集めてきました。署名用紙は,“もう関電は止めたよ”という人は左側に,“今は関電だが,原発再稼働するなら関電止めるよ”という人は右側に署名する形になっています。

◆最初は「使い捨て時代を考える会」が署名集めをして,昨年10/4に関電に提出。左側(もう関電は止めた)が142筆,右側(再稼働するなら関電を止める)が257筆で,合計399筆。なお,関電に提出したのは氏名と市町村名のみの一覧表です。その後「電力自由化 だから脱原発の声をあげよう!・京都」を結成して集めた署名が,左側116筆,右側123筆で,合計239筆になりましたので,1/25に関電に提出することに。

◆経営政策にわたる内容もお話ししたいので,関電本店でしかるべき人に会いたいと,本店秘書室に連絡しましたが,関電はあくまで京都支社で対応したいという姿勢。やりとりの末,結局,本店で対応してもらえることになったので,呼びかけ人の槌田劭と,吉田明生の2名が,午後2時の約束の時間に大阪着。

◆40階建ての本店ビルの2階が,関電の受付。そこで,秘書室のUさんに約束をとっているので,と取次を依頼。待たされているところに,後方からあたふた走ってきたのが,京都支店コミュニケーション統括グループのYさん。京都支店の方です。「遅れてすみません。こちらにどうぞ」と言って誘導されたのが,受付より外側の,一般の人が利用できる公開フロアの一角。受付の横にはちゃんと関電の入口があり,そこにはガードマンがいる。そこは通らない。えっ,われわれはこちら?? こちらは関電本店内ではなくて,関電の外側じゃありませんか。すぐそこに化粧室もあるし。えっ,しかも,対応するのは京都支店のYさんだけ?! 仕方がない,話を始めました。「関電ガスの関係の人もいるので,あまり大きな声を出さないように」などと言われながら……。そのあたりに関電ガスの宣伝のぼりが何本も立っていました。

◆ということで,玄関先で中にも入れてもらえない門前払いの形になり,鼻であしらわれている印象はぬぐえませんでした。経営にかかわる問題点を六つあげて指摘した件(下記)も,預からせていただくの一点ばり。京都支店のYさんは「私が当社の代表として対応している」と言うが,本店の応接室とか会議室を使う権限はなく,署名した市民を低く見くだしているのは,あまりに明らか。一杯のお茶もコーヒーもでてこなかったことからすると,大阪市内の喫茶店で申し入れをしたよりも低レベルの扱いでした。それでも,239筆の関電社長宛署名は提出してきました。

◆署名のお願い

◆電力自由化が始まりました。私たちの脱原発の気持ちを関西電力に強く伝える機会としてもひじょうに大きなチャンスです。そのチャンスをどのように利用するかについては,大きく二つの道があります。

◆直ちに関電の電力をやめる道と,原発推進の姿勢を改めるよう求める道との二つです。いずれかに賛成いただける方は,署名用紙の左右のいずれかに署名してください。その意見を関西電力に伝えていきたいと思います。よろしくお願いします。

◆なお,この署名は,関西電力の電気を使っている方,または最近まで使っていた方なら,どなたでも署名できます。関電の電力購入をやめる,または既にやめたことを宣言する署名です。普通の署名とちがい,契約を解除する,または解除したことを明らかにするもので,家庭電力契約者(あるいは代理の方)の署名となります。

署名には…紙の署名用紙のほかに,オンラインでできる電子署名もあります。

  1. 紙の署名用紙…下記リンクより用紙をダウンロードしていただき,ご自分または各団体でそれぞれ印刷していただけると助かります。1000枚をこえるような大量の印刷の場合は,ご相談ください。
    こちらのページからどうぞ。
  2. オンラインでできる電子署名…下記リンクをご覧いただき,そこに直接チェックして,オンラインで当方に送っていただくこともできます。この場合,紙の署名用紙をお送りいただく必要はありません。「Googleフォーム」を利用しています。
    こちらの署名フォームからどうぞ。

◆電力自由化署名についてQ&A

◆これまで私たちは,関西電力(以下,関電)以外の電気を買うことはできませんでした。しかし2016年春の電力小売全面自由化によって,一般家庭も電力会社を選べるようになりました。では,私たちは何を基準に電力会社を選べばよいのでしょうか。新規参入した「新電力」は,価格やサービスも様々で,いちばん気になるのはこういった点でしょう。しかし,各新電力が原発問題に対してどのような姿勢をとっているかも重要です。

◆電力会社を選べるようになったことで,原発事故の危険,子や孫の世代に放射能のゴミを残す罪の深さを考える責任が,私たちに生じたと言えます。この機会によく考えて,選ぶ権利をいかしたいものです。脱原発の声をあげ,原発に固執する関電に経営政策の再考をうながそうではありませんか。

Q1:関電から新電力に契約を変更する手続きには,めんどうなことはありませんか。

A1:手続きはひじょうに簡単です。新電力に電話かインターネットで申し込むだけですみます。関電に解約の連絡をする必要はありません。なお,契約変更には「供給地点特定番号」が必要ですので,関電の検針票(電気ご使用量のお知らせ)や「はぴe見る電」でご確認ください。

Q2:新電力の電気を利用すると,電気の質が悪くなったり停電したりしませんか。

A2:どの新電力に切り替えても,これまでと同じように関電の送電線で電気が送られて来ますので,まったく問題はありません。

Q3:関電の送電線で電気が来るのなら,新電力に変えても原発の電気が流れてくるのではないですか。

A3:関電の送電網の中で,すべての電力会社の電気が物理的に混じってしまうことは避けられません。しかし,なるべく原発の電気を仕入れない新電力を選べば,電源としての原発にお金を払わないことが可能です。多くの人々がそのような選択をすれば,関電も原発の建設や運転が難しくなります。

Q4:福島の原発事故があり,市民は不安を感じているのに,また原発のコストは高いと言われているのに,
関電がいまだに原発推進の姿勢をとっているのは,なぜでしょうか。

A4:原発は建設費,立地自治体への電源交付金,後始末(原発解体や核のゴミの保管など)の費用,原発事故が起こった場合の被害を考えれば,もっともコストの高い電源と言っても過言ではありません。しかし,建設費の支払いは済んでいますし,彼らは後始末や事故の費用はこの国のみんなに肩代わりしてもらえばよいと考えています。また,関電は赤字に苦しんできましたが,原発は燃料費だけはひじょうに安いので,原発さえ動けば経営上の問題は一挙に解決できると考えているようです。40歳を超える古い危険な原発でも,さらに延命させて使い続けようとするのはそのためです。

Q5:これまで関電から新電力に切り替えた人はどれくらいいますか。

A5:関電の契約者のうち,33万9700件(3.37%)(2016年8月末現在)が関電を離れたと報道されています。これはたいへん大きな数字です。ちなみに企業などの大口顧客向けの電気は2000年に自由化されており,新電力の販売電力量の比率は約12.1%に達しています(2016年1月現在)。

Q6:新電力に契約を変更したいのですが,何を基準に選べばよいですか。

A6:いろいろな判断,考え方があるでしょう。ご自身の判断が第一です。インターネット上には自然エネルギーを積極的に活用しようとする新電力を紹介したサイトもあります(「パワーシフト」など)。価格,再生可能エネルギーの割合はどうか,原発の電気がどれほど含まれそうか,というポイントをチェックしながら選びましょう。参考までに,今回の署名の呼びかけ人の考え方や判断を下記の「私の電力選択」で紹介いたします。

Q7:この署名「電力自由化 だから脱原発の声をあげよう!」に賛同して署名したとき,個人情報は関電
に筒抜けになってしまいませんか?

A7:今回の署名では,提出していただきました用紙そのものは関電に提出しません。そのかわり,署名の信頼性のために「○○市 署名した方の氏名」という形の一覧表を関電に提出します。ご理解の上,ご協力ください。

◆私の電力選択

呼びかけ人の場合。

  • アイリーン 美緒子 スミス……関西電力のカスタマーとして,原発再稼働が良くないという意見であれば,それを各自が直接関電に伝えていきましょう。私の場合,関西電力が原発を再稼動したら,自宅の方は契約を解除します。事務所の電気は,関電のままで「原発止めるべき!」と主張し続けます。
  • 多々納 眞弓……従量電灯A…大阪ガス,低圧電力(業務用)…エネット。太陽光発電の買取は関電のまま。当マンション(賃貸)の基本電力を新入居者から大阪ガスに変更しています。
  • 中濱 美夜子……電力自由化を機に,4月1日付で原発を続ける関電から,大阪ガスにとりあえず切り替えました。さらに再生可能エネルギー新電力が出てくれば,切り替える気持ちでいます。
  • 原 強……4月は切り替えを見送りました。関電利用者として意見表明することを重視した結果です。しかし,どうしても原発再稼動をするならば抗議の意思表示として切替えを決断します。
  • 村上 聖子……私は節電とベランダ太陽光発電で極力電力消費量を少なくしながら再稼動したら新電力会社に変更すべく検討中。
  • 守田 敏也……僕は公共財=社会的共通資本である電力の自由化に反対です。市場原理主義に任せれば安ければ有利。だから関電も高浜原発再稼働に走りました。必要なのは各地域の公社への移行と運営への市民参加。それを見すえ再稼働をさせないために原発の電気を使わない宣言をしましょう。
  • 吉田 明生……京都脱原発原告団の一員としては,関電の原発依存には我慢なりません。4月から速攻で大阪ガスに切り替えました。2年縛りなしにしていますので,これから,再生可能エネルギーの割合が高いところに移行する予定で,物色中です。

電力自由化 だから脱原発の声をあげよう!・京都

◆電力自由化が始まりました。私たちの脱原発の気持ちを関西電力に強く伝える機会としてもひじょうに大きなチャンスです。そのチャンスをどのように利用するかについては,大きく二つの道があります。

◆直ちに関電の電力をやめる道と,原発推進の姿勢を改めるよう求める道との二つです。いずれかに賛成いただける方は,署名用紙の左右いずれかに署名してください。その意見を関西電力に伝えていきたいと思います。よろしくお願いします。